社交飲食業の開業

日本法人設立支援

風俗営業許可については、1~8号の営業形態が規定されていて、社交飲食業は、2号営業に該当します。2号営業の主な営業形態は、クラブ、パブ、キャバクラ、ショーパブ、スナック、料亭などです。
ダンス飲食業は、3号営業に該当し、主な営業形態として、ナイトクラブ、ディスコがあります。風俗営業許可の基準は、「人的要件」「場所的要件」「構造的要件」の3つの要件からなっています。